腎臓病の場合たんぱく質の調整がイチバン大変である!

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。このような食事療法については、栄養士の指示でさまざまな工夫について知ることができます。開業医さんの中には食事指導がむつかしい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全が進行しないようにできますし、透析を初める時期を遅くしていけます。実際に透析が必要となってからも、できる限り健康体で透析を行うために、食事療法は重要視されます。食事によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓でろ過され、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類(それぞれに違いがあるものです)や調理の際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大切なのです。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見受けます。肉や魚その他卵や豆腐はおもったよりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつの種類(それぞれに違いがあるものです)よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、余分なたんぱく質を摂取する事となっているのです。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、次第にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物に比べてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30~40gとなっているのです。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、日常的に健康的な生活を意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)することが大切なのです。一日の食事の種類(それぞれに違いがあるものです)や量についてや、また献立の工夫や、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となっているのですから、それらの種類(それぞれに違いがあるものです)にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明りょうにします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。こちらもおすすめ⇒腎臓病食 宅配 ランキング