クレアチニンを下げるには食事制限と運動!

腎臓病食事宅配
腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血流が悪くなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に増えてきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値常にキープする事が入り用なのです。日々の食事で得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓に流れて分離された末、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。浮腫がなかったり軽い場合は制限が必要になるのは塩分のみです。この場合の水分制限は病気の状態や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので独断で制限を行う事は危険です。腎臓病の人のために低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が落ちていく程、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も求められます。自分で勝手に食事内容を決めずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病を極力進行させない事と、体調を良好に保つことにあります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を元に腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。加えて、透析を始めても、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。クレアチニンを下げるには筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に達してろ過された後尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉が衰えてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病食事宅配で食事療法を厳守すれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられるようになります。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外に沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が含有されています。